2021年4月28日  更新

このページは、吹きガラス作家、森永豊のガラス作品の紹介、ウエブショップ、ブログへのリンクなどの総合案内ページです。

Instagram

タンブラー写真ストッカー




2021年4月28日

「初夏の硝子展」

鹿児島県日置市吹上町中之里1517 HANA goyomi  090-5921-4187

5月1日から7日 まで。  午後1時から6時

ゴールデンウイークのドライブがてらぜひお越しください。
海の近くのよいところです。


2021年3月28日

日付が変わりましたが、帰ったらペチカさんのハガキが届いていましたので、スキャンして、のせておきます。

よろしくお願いいたします。


2021年3月27日

コロナで、一年経ってしまいました。

去年の今頃は何をしていたか、というと、和歌山と、国立市の展示会があったのでした。

下にスクロールしていけば、何をしていたかわかるので、こうゆうとき、ホームページは便利です。

最近、一年前は何をしていたか、とか、4,5年後は何をやっているのだろう、と、考えることが多くなりました。

どうやって終わろうか、ということを本気で計画せねば、と思っているのです。

思いを残したまま、あっけなく逝ってしまう人がたくさんいましたので。

さて、そうゆうことで、高松の民芸ペチカさんが、

「以前、お伺いしたときの、工房の棚の作品がおもしろかったので、それで、展示会をやれないだろうか?」

と、お申し出、くださいました。

「棚のものは、自分の試作品や、出来損ないなので、出せるものではないんです。」

と言いましたが、それでもぜひということで、一個ずつ調べて、問題がないようなら、出すことにしました。

丁度いろいろと整理しないといけない、と思っていたとこでしたので。

正式にはまた告知いたしますが、予定は次のとおりです。

『森永 豊のとっておきの小品展』
4/1(木)-25(日) 12:00-17:00
*(火)(水)休

民芸ペチカ

香川県高松市鍛冶屋町4-9 水田ビル2F 〒760-0028
電話087-805-1553
pechika@ae.auone-net.jp

民芸ペチカ インスタグラム

民芸ペチカ

ほとんどが、一品ものです。
私の試作品、見本品で置いてあったものですので、なんらかの、不出来があるかもしれません。
たとえば、不純物が入っていたり、(ブツ、イシ、サビなど)長期保管による、くすみ、があったりなどです。
よく御覧の上、ご購入下さい。


2021年1月12日

魚座さんのクラウドファンディング、終了いたしました。

皆様のご支援で、3,449,500円の再生資金が集まりました。

私からも厚くお礼を申し上げます。

魚座さんは、近々、仮店舗で、営業を再開されるよう、準備を進めておられます。

また、状況がわかりましたら、ご報告いたします。


2021年1月4日

明けましておめでとうございます。

さて、いきなりですが、お知らせとお願いです。

昨年7月の人吉の豪雨で、球磨川が氾濫し、球磨川の堤防沿いに建つ「魚座民藝店」さんが甚大な被害を受け、未だ再生できておりません。

国や県の補助金は、工事完了期日などさまざまな制約があり、魚座さんの状態には現実的ではなく、再建の道は厳しい状況でした。

しかしながら、全国各地から温かい励ましがあり、それに力づけられた魚座さんは再建を決意され、クラウドファンディングを立ち上げられました。

目標の200万は、集まりましたが、これだけでは、まだまだです。

残すところ、あと一週間となりました。

皆様のご支援を期日内にぜひお願いいたします。

【令和2年7月人吉豪雨】球磨川氾濫『魚座民藝店』再建プロジェクト

豪雨時の状態

交差点を曲がると、泥だらけの光景が広がっていた。
魚座さんの近くに来たが、予想以上にひどい。
アーケードの街灯の上部にまで、洪水の痕が。
魚座さんのシャッターは開いていたが。
あの入り口横の飾り棚が、こんな事に。
店内もやはりひどかった。

2020年12月30日

和紙ギャラリーさんでの、第12回鹿児島のガラス作家展、無事終了いたしました。

お越し下さった方々、誠にありがとうございました。

こんな状況で、来年の事は何とも言えませんが、来年、時期はわかりませんが、また鹿児島のガラス作家展を開催したいと思っております。

皆様、よいお年を。


2020年11月20日

恒例になっておりました和紙ギャラリーさんでの、鹿児島ガラス作家展。

毎年、春の開催でしたが、今年はコロナで自粛しました。

そろそろ落ち着いたので、冬にやってみましょう、と、言い出したのが、9月頃。

しかし、ここに来てまた第三波!

なんら有効な手を打たないから、こうなるのは当然です。

展示だけでもします。

皆様、(スガ氏の言うところの自助で、)ご対策の上、ぜひお越し下さい。

和紙ギャラリー


2020年8月13日

鹿児島県霧島市の山の中の小さなすてきなカフェ&ギャラリー、

Mono.

さんで展示会を開催いたします。

人気のカフェでもあり、またこのような状況ですので、入場制限等あるかもしれません。
ご了承下さい。


2020年7月4日

コロナでいろいろと大変です。
皆さんお元気ですか?

とりあえず、今の状況報告です。

5月に予定しておりました、香川県の高松市での、民芸ペチカさんの個展、延期になりました。

毎年、初夏に開催しておりました、鹿児島のガラス作家展、(鹿児島県、蒲生町、和紙ギャラリー。)
秋に延期です。(秋の開催は、状況次第です。)

7月に予定しておりました、仙台光原社さんでの個展は、DMなどの告知、私の在廊と、いった従来の個展形式ではなく、
7月から、8月にかけて、随時、作成したものを送って展示していく事になりました。

一週間に、一回、あるいは、2,3回、仙台光原社さんに荷物を送って、開梱していただき、展示していく事になります。
おもしろいかもしれません。

とりあえず、今4箱ほど、送って展示されております。

とりあえず、DMのかわりの画像を貼っておきます。

8月に、鹿児島県、霧島のMono.さんで個展です。
これは決定です。

今の所、決まっているのはこんなところです。
この先どうなるか、わからない世の中になってしまいました。
みなさん、どうかご自愛なさって、日々をお過ごし下さい。


2020年3月20日

和歌山市橋本市学文路のヒロ画廊さんと、東京都国立市の黄色い鳥器店さんで、個展同時開催中です。

3月20日から、3月29日まで。







2020年1月16日

うわさの蔦屋家電の二子玉川店で、展示中です。

「暮らしの一軍候補集めました。」というタイトルで、自分で書くと恥ずかしいですが、
今回はお店の方におまかせですので、わりかた気楽です。

1月16日から、2月13日まで、とわりと長めですが、2月が来るので、けっこうあっという間だと思って、気を引き締めて行きましょう。
特に今年は、オリンピックなど、やばいイベントもあるので、どうなるんでしょうか?

まあ、俺には関係ねー、と、たかをくくっても、やはりガラス製造業など、結局は客商売ですので、世間の動きにつられるようです。

そういう事で、お店の方に撮っていただいた写真を紹介いたします。

数は少なめですが、けっこういいものがあります。(自分で言うな。)

蓋物とか、ピッチャーとか、一輪挿しとか。
久しぶりの角脚ワイングラス。モスグリーン。やっぱり角脚は多めに並んだほうが、森みたいでいいです。
左から二番目のシマの花瓶は、四角をねじってあります。
透の作品も、いろいろあります。 モールのお皿は新作です。割と重めで、頑丈な作りです。目方で測るとお得な一品。

2019年12月5日

香川県高松市の民芸ペチカさんで、クリスマスの小品展です。ワイングラス、小花瓶、コンポートなど、いろいろと、面白いものを送りました。おすすめは、角コップと、角升です。画像撮り忘れましたので、お店でご確認ください。

「民芸ペチカ」

それから、熊本市の、なかお画廊さんで、二回目の冬ごもり展です。
蓋物を多めに作りました、小さな栓付きの瓶や、花入れ、水差し、もちろんコップ、ワイングラスもあります。
ぜひお越しください。

「なかお画廊」


2019年6月22日

今般、7月に名古屋の栄 ラシック6fリブレットにて、真弓さんと展示会いたします。

私は7月6日、7日在廊予定です。ぜひお声をおかけ下さい。(蓋物、栓付き瓶を真弓さんと共作いたしました。)

名古屋では、私は初めての展示会になります。よろしくお願いいたします。

本屋さんなので、いっぱい本が読めそうで、楽しみです。

買い込まないように注意しないと、帰りが大変です。


2019年5月25日

毎年恒例の鹿児島のガラス作家展を開催いたします。

今年は5人の参加になりました。

最終日が6月16日、日曜日と長めの会期です。

和紙ギャラリーさんのランチもご一緒にどうぞ。(予約優先)

この展示会用に各作家が、ガラス器を貸し出しております。


2019年5月9日

国立市の黄色い鳥器店さんが、銀座松屋に出店されています。

私も、久しぶりに角脚ワイングラス モスグリーンを作りました。

5月24日までです。


2019年4月24日

今年も鹿児島県、蒲生町の和紙ギャラリーさんで、鹿児島のガラス作家5人展を開催いたします。

5月25日(土曜日)がオープニングパーティーの予定です。

詳しくはまたお知らせいたします。


2019年1月2日

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。